宣伝と費用(2/ 鵜呑みにできない?)

・かつらのランキングサイトについて → こちらから

*   *   *   *   *   *   *

コラムの続きです。

ネットで買い物をする頻度が増えた昨今、
アマゾンなどの通販サイトの躍進は誰もが知るところです。
使い勝手のよい通販サイトであるアマゾンは、
余剰な利益をクリエイティブな方面へ出資するに至り、
「プライムビデオ」などオリジナルのコンテンツを提供するまでになっています。
TVコマーシャルなどの露出も目立ってきましたが、
宣伝とそれに伴う展開が相乗効果を生んでいる好例のように思えます。

一方で、自動車産業など、大手企業による
意図的な情報操作が指摘されたのも、つい先日でした。
今までは「テレビでコマーシャルをしているから」
「誰でも知っている大手だから」
と安心することに慣れきった我々消費者にとって、
「安心してはいけない」「疑う習慣も必要」だと
警鐘を鳴らされた一幕だったかもしれません。

宣伝には規模に応じた費用が発生します。
際たる一例がTVコマーシャルで、効果が絶大である分、
費用がかさむのは周知の事実です。
その費用はアマゾンなどのように余剰な利益から回されるのであればいいのですが、
多くの場合は我々消費者が購入する「価格に含まれています」。

必要なものを購入する際に、できれば余計なお金を払いたくはありません。
消費者側が、宣伝費の一部を負担させられていることに気づいた時、
「同じ品質の商品を、もし宣伝費を割かないところから買ったら、
いったい幾らで買えるだろう」と考えたことはありませんか?

日々、宣伝目的のメールを削除する手間にうんざりさせられながら、
「宣伝ってなんだろう」と考えさせられる機会が増えてきました。
続きは、また次回お届けいたします。

(PCからのご注文はこちらから)
https://www.neo-hair.com/order.html
(スマホからのご注文はこちらから)
https://www.neo-hair.com/order2.html

【お知らせ】
プロ仕様・完全オーダーメイドならかつらネオヘアー
即日発送の医療用かつら・ウィッグなら医療用かつらディア

宣伝と費用(1/検索順位を操作できる?)

・かつらのランキングサイトについて → こちらから

*   *   *   *   *   *   *

久しぶりのコラムです。
「かつらで検索して、ネオヘアーが見つからない」
というお話を、今年になってよく伺うようになりました。

昨年末には1ページ目など上位ページに表示されていたようですので、
どうしてそういうことが起きるのか、
不思議に思われる方もいらっしゃるのかもしれません。

SEO対策としては、まず
「Googleエンジンに評価されるページを作ること」が挙げられます。
以前はネオヘアーも上位に表示されていたわけですから、
その点はある程度実現できていたと考えられます。

ではなぜ、ネオヘアーが検索上位から消えたのでしょう。

Googleエンジンからスパム判定をされたサイトが、
一定期間圏外に飛ばされるペナルティーを受けるケースもあるようですが、
弊社のことではありません。

実際のSEO対策には、裏の側面もあるようで、
外部操作により、サイトの評価を高める方法があるという説があります。
もしそれが可能な場合は、単純にその方法を逆利用することで
ライバルサイトの順位を下げることが可能かもしれません。
(ライバルサイト以外の順位を上げるよう操作し、
相対的にライバルサイトを下げる等)

巷では「SEO業者」と称し「検索で上位に表示されるよう操作します」と宣伝し、
「(上位に表示された暁には)成功報酬云々」と謳っているのをよく目にします。
メールも頻繁に届き、その効果を延々強調してきます。

そんな作業はいたちごっこに過ぎず、
Googleの仕様が変わる度に手口を改めることの繰り返しで、
費用をかけて順位を買うこと自体、スパム行為のように思えてしまいます。

企業に余剰な売り上げがあり、
税金対策で行なう場合は例外になりますが、一般的には
それら宣伝(?)に費用をかけるとすれば、
必ずお客様がご購入される価格に跳ね返ってしまうのが現実です。

宣伝について、ここ数年ずっと考えてきたことがあります。
続きは、また次回お届けいたします。

(PCからのご注文はこちらから)
https://www.neo-hair.com/order.html
(スマホからのご注文はこちらから)
https://www.neo-hair.com/order2.html

【お知らせ】
プロ仕様・完全オーダーメイドならかつらネオヘアー
即日発送の医療用かつら・ウィッグなら医療用かつらディア