テープ類の発送について

ネオヘアーです。
年末年始は、営業日程が変わります。

それに伴い、年内のテープ類の発送は
12月15日ご入金分までとなっております
ので、
くれぐれもご注意下さい。
(年明けは1月4日より営業開始です)

今日もスタッフ一同、皆様からのご利用を心よりお待ち致しております。

<>

ご予約は先約順となっております

ネオヘアーです。
先日年末年始の営業日程をご案内致しましたが、
出張のご予約は先約順となっております。
とくに土日祝祭日は混み合いますので、
お早めにご連絡下さいますようお願い申し上げます。

今日もスタッフ一同、皆様からのご利用を心よりお待ち致しております。

<>

年末年始のお知らせ

ネオヘアーです。
年末年始の営業について、お知らせ致します。

12月20日~1月3日までを休業とさせていただきます。
(※出張型取りは上記期間を除いてお申し込み下さい)
年内は12月19日まで、年明けは1月4日より営業を開始致します。

リピートを含む製品のお申し込みは、上記通り受け付けます。
テープ類の発送につきましては、12月15日ご入金分までを年内発送、
以後は年明けの1月4日より発送とさせていただきます。

今日もスタッフ一同、皆様からのご利用を心よりお待ち致しております。

<>

人工毛について

ネオヘアーです。
先日お客様より「人工毛」についてご質問をいただきましたので、
こちらにもご紹介させていただきます。

「人工毛のメリットについて」
一番のメリットは「退色しない」点です。
色が固定された繊維を使っていますので、退色はしません。
つまり脱色が出来ませんので、髪が明るくならないのはいいのですが、
レースに結びつけられた根元の脱色が出来ませんので、
最新の極薄レースタイプには不向きとなります。
(人工皮膚素材を仕込むことで、この問題は回避出来ます)

他、毎回同じ髪質を入手出来る点、
ロングヘアでも廉価にすむ点などのメリットがあります。
なお「人工毛は人毛に比べ絡みにくい」とされていますが、
経年劣化で変質するため、それはあまり正しくないと思います。
以下で述べます。

「人工毛のデメリットについて」
たとえ「耐熱毛」であっても、数ヶ月目から熱により縮れ、溶けが発生します。
(髪がゴワゴワしたり、変質するなど)
手触りが変わりますので、絡んだり束になったりしやすくなります
また色が固定された繊維ですので、明るく脱色することが出来ません

人工毛も人毛と同じくピンキリで、良い物はコストも高くなります。
ただし非常に自然で、人毛との区別は見た目ではつかないレベルにあります。
通常のパーマが可能で、デジタルパーマはNG
カラーは暗く色を足すことが可能です。

現在弊社のお客様では数名の方が人工毛をご指定されていますが、
ほぼ100%に近い比率で人毛が好まれているのも事実です。
質の高い人毛を扱える以上、とくに人工毛に拘る必要はないと思います。

更にご質問がございましたら、いつでもお問い合わせ下さい。
今日もスタッフ一同、皆様からのご利用を心よりお待ち致しております。

<>


年末年始のお知らせ

ネオヘアーです。
年末年始の営業について、お知らせ致します。

12月20日~1月3日までを休業とさせていただきます。
(※出張型取りは上記期間を除いてお申し込み下さい)
年内は12月19日まで、年明けは1月4日より営業を開始致します。

リピートを含む製品のお申し込みは、上記通り受け付けます。
テープ類の発送につきましては、12月15日ご入金分までを年内発送、
以後は年明けの1月4日より発送とさせていただきます。

今日もスタッフ一同、皆様からのご利用を心よりお待ち致しております。

<>

良い物を安く

ネオヘアーです。
最近出張先のお客様から伺う話で興味深いものは、
「ネットの情報が当てにならない」という内容です。

掲示板等のデマについては、随分前からこのブログでも紹介しています。
ネット上のランキング口コミサイトは誰でも書き込める代わりに、
デマや宣伝に溢れる傾向があるようです。
メーカーに変わってそれを行う専門の業者も少なからず存在しています。

またSEO業者に委託することで、検索結果の上位に居座ることも可能になっています。

「もっと早く知っていれば良かった」というお声をいただく度、
弊社製品をお試しいただけたことを光栄に思います。
皆様が必要としている製品は「高品質であること」がまず第一で、
それが「少しでも安ければ」とお探しなのではと私たちは考えています。

ネオヘアーではこれまでの販売方法と違い、
余計な経費がかからない方法で営業を続けています。
かつらをお使いになる上で、実店舗や大げさな接客メンテナンスの類いは
おそらく必要のないものかもしれません。
実際に私たちのお客様は、みなさま普通に美容院へ通い、
ご自分で製品を扱いながら、長いおつきあいをさせていただいております。

是非お試し下さい。
今日もスタッフ一同、皆様からのご利用を心よりお待ち致しております。

<>

また同じ人物による書き込みが

ネオヘアーです。
先日私たちがこのブログで「注文が急増し」と書いたところ、
一気にネット掲示板でネオヘアー叩きが加速したというご報告をいただきました。
そこにはかなりの長文が書き込まれているらしいのですが…、
以下に内容を抜粋します。
(ご連絡を下さった皆様、有難うございました)

「通販のかつらは何処も同じ」
「どうせ中国の工場に発注して、そこで出来たものを受け容れるしかないんだから」
「比較するとネオヘアーは高い」最後に「ヘアリプレイスメント.jp」を匂わせながら、
ネット独特の言葉「自演業者」と結びつけるパターン
は、
私たちが開業当初から粘着されている人物の書き込みに非常に良く似ています。
(詳しくは冒頭のリンク先をご覧下さい)

中でも「ヘアリプレイスメント.jp」には直接触れず、
ネオヘアーの印象だけをおとしめるような書き方が特徴的
ですが、
「ヘアリプレイスメント」という単語を出さないところまで以前と全く同じです。
またご丁寧に「スレ違いだからこちらへ」とリンクまで貼り、
その先でも「ネオヘアーは自演」と印象づけているそうで、
これも長年続くいつものパターンです。

なおその文章をよく読むと、かつらの仕入れに
かなり精通した人物であるように見受けられます。

私たちへの注文が急増したのは、今年の春です。つい最近のことではありません。
ブログの冒頭に紹介させていただいておりますリンク先にあります通り、
「ネット上のデマ」が多数発覚したことをこのブログで紹介した頃からです。
開業以来の人手不足が現在輪をかけている状態ですので、
掲示板に書かれているように「ネットに貼り付いて自演」をする余裕などなく、
元来その発想もありません。(書いた人物にはその発想があったのでしょう)

これらが同業者による書き込みかどうかは皆様のご判断にお任せしますが、
一般利用者を装ったこの手の書き込みにネット上の掲示板は占拠されています。
長年同様の報告を多数受けておりますので、読まれる方は是非お気をつけ下さい。

かつら業者は、国内では大手のごく一部だけが自社工場を持っている程度で、
大手中小問わずほとんどのメーカーが契約工場に製造を委託していると思います。
工場は無数にありますがピンキリで、
良い製品は技術の高い工場でなければ作れません。

上の書き込みにもありましたが「どうせ何処でも同じだから」
という発想の業者が工場を転々としているのも事実です。
「どうせ同じだから」という発想は、消費者をないがしろにしています。
そこには良い物を作ろうという意志が感じられません。

業者が工場を転々とする目的の一つに、原価をおさえることが挙げられます。
少しでも安い工場を探し「どうせ同じだから」と製造を委託し、そのまま販売する。
そんな意識の業者に、良い製品作りが出来るのか疑問を感じます。
工場を転々としている限り、いつまで経っても低いレベルの
(作り込みの行き届かない)製品になるのは当たり前の話です。

書き込みには「ネオヘアーで2枚目を作るのはあり得ない」という文章もありました。
これも全く勘違いしていると思います。
(ネオヘアーで型取りをし、2枚目を
自分のところで作らせたいということでしょうか?)
私たちの契約工場のコストは、かつら工場の中で最も高いレベルといえます。
おそらく工場を転々とする業者が度外視する筈ですので、
そこと同じレベルの製品になる筈はありません。
(私たちの工場では日本向けの流通はネオヘアー以外にないそうです)

私たちはかつらを扱う以上、どこよりも素晴らしい製品を作りたいと思っています。
それをどこまで廉価に販売出来るか
その方法として実店舗を持たず出張対応をしています。
ネオヘアー製品は日々同じ工場で作られています。
専用ラインを長年同じ担当者が管理しています。
私たちスタッフも頻繁に打ち合わせを繰り返し、皆様からのご意見を反映させ、
独自のノウハウを日々発展させています。

良い製品をお探しの方は、是非お問い合わせ下さい。
またネットで情報をお探しの場合は、掲示板は避けた方が無難です。
かなり巧みに誘導する技術を持ったデマ書き込みが横行しています。

(擁護の書き込みをしていただくのは嬉しいのですが、
気分を害される可能性があります。十分にご注意下さい)

今日もスタッフ一同、皆様からのご利用を心よりお待ち致しております。

<>

かつらが高額だった理由

ネオヘアーです。
また沢山のメールをいただきました。皆様有難うございます。

かつら販売業は、需要があると言っても一般的な商品に比べれば
それほど多くない方だと思います。

サロンを持つメーカーに行かれた方ならご存知だと思いますが、
そこが混み合っていることはあまりなく、ガランとした印象だと聞きます。

また新しい製品を買うように営業をしてくるケースや、
実際の件数(販売個数)が得にくいために不当な利幅を設定していたというのが
これまでのかつら販売業の実情だったように思います。

あるいはメンテナンスと称して毎月通わされ、都合1万ちょっとを支払う等、
よく考えれば必要性の低いサービスも当たり前のようになっていました。

ご自分で手入れをされることや、地毛のある方がカットに行くことは、
かつら特別料金を払うほど難しいことではないと思います。
精巧な製品なら、美容室で周りのお客様にそれと気づかれることもありません。

かつらがあまりにも利幅のある商品だったことは今では多くの方がご存知ですが、
それはコマーシャル費用のせいだけではなく、経営の方針かもしれません。

私たちに限らず、かつらを廉価に販売するところも増えました。
私たちはまず品質を第一に、そしてそれを廉価に販売する方法で営業しています。

お選びいただくのはお客様です。
今日もスタッフ一同、皆様からのご利用を心よりお待ち致しております。

<>

領収書の発行

ネオヘアーです。
弊社製品をご購入いただく上で、お願いがございます。

・領収書がご要り用の場合は、必ず製品発送時までにお知らせ下さい。

事前に確認をし、全額手渡しの場合は出張時に、
もしくは後日振込の場合は製品に同梱する方法でのみ
領収書の発行を致しております。
(銀行振込の場合は振込明細をご利用下さい)

・サイト上に記載しておりますお断りは、必ずご理解の上お申し込み下さい。

特例ばかりを何度もご要求される場合は
他のお客様のご迷惑にもなりかねますので、誠に申し訳ございませんが
ご購入をお断りさせていただく場合がございます。

皆様のご理解をお願い申し上げます。
今日もスタッフ一同、皆様からのご利用を心よりお待ち致しております。

<>

同じ人物による書き込みが再発

ネオヘアーです。
先日私たちがこのブログで「注文が急増し」と書いたところ、
一気にネット掲示板でネオヘアー叩きが加速したというご報告をいただきました。
そこにはかなりの長文が書き込まれているらしいのですが…、
以下に内容を抜粋します。
(ご連絡を下さった皆様、有難うございました)

「通販のかつらは何処も同じ」
「どうせ中国の工場に発注して、そこで出来たものを受け容れるしかないんだから」
「比較するとネオヘアーは高い」最後に「ヘアリプレイスメント.jp」を匂わせながら、
ネット独特の言葉「自演業者」と結びつけるパターン
は、
私たちが開業当初から粘着されている人物の書き込みに非常に良く似ています。
(詳しくは冒頭のリンク先をご覧下さい)

中でも「ヘアリプレイスメント.jp」には直接触れず、
ネオヘアーの印象だけをおとしめるような書き方が特徴的
ですが、
「ヘアリプレイスメント」という単語を出さないところまで以前と全く同じです。
またご丁寧に「スレ違いだからこちらへ」とリンクまで貼り、
その先でも「ネオヘアーは自演」と印象づけているそうで、
これも長年続くいつものパターンです。

なおその文章をよく読むと、かつらの仕入れに
かなり精通した人物であるように見受けられます。

私たちへの注文が急増したのは、今年の春です。つい最近のことではありません。
ブログの冒頭に紹介させていただいておりますリンク先にあります通り、
「ネット上のデマ」が多数発覚したことをこのブログで紹介した頃からです。
開業以来の人手不足が現在輪をかけている状態ですので、
掲示板に書かれているように「ネットに貼り付いて自演」をする余裕などなく、
元来その発想もありません。(書いた人物にはその発想があったのでしょう)

これらが同業者による書き込みかどうかは皆様のご判断にお任せしますが、
一般利用者を装ったこの手の書き込みにネット上の掲示板は占拠されています。
長年同様の報告を多数受けておりますので、読まれる方は是非お気をつけ下さい。

かつら業者は、国内では大手のごく一部だけが自社工場を持っている程度で、
大手中小問わずほとんどのメーカーが契約工場に製造を委託していると思います。
工場は無数にありますがピンキリで、
良い製品は技術の高い工場でなければ作れません。

上の書き込みにもありましたが「どうせ何処でも同じだから」
という発想の業者が工場を転々としているのも事実です。
「どうせ同じだから」という発想は、消費者をないがしろにしています。
そこには良い物を作ろうという意志が感じられません。

業者が工場を転々とする目的の一つに、原価をおさえることが挙げられます。
少しでも安い工場を探し「どうせ同じだから」と製造を委託し、そのまま販売する。
そんな意識の業者に、良い製品作りが出来るのか疑問を感じます。
工場を転々としている限り、いつまで経っても低いレベルの
(作り込みの行き届かない)製品になるのは当たり前の話です。

書き込みには「ネオヘアーで2枚目を作るのはあり得ない」という文章もありました。
これも全く勘違いしていると思います。
(ネオヘアーで型取りをし、2枚目を
自分のところで作らせたいということでしょうか?)
私たちの契約工場のコストは、かつら工場の中で最も高いレベルといえます。
おそらく工場を転々とする業者が度外視する筈ですので、
そこと同じレベルの製品になる筈はありません。
(私たちの工場では日本向けの流通はネオヘアー以外にないそうです)

私たちはかつらを扱う以上、どこよりも素晴らしい製品を作りたいと思っています。
それをどこまで廉価に販売出来るか
その方法として実店舗を持たず出張対応をしています。
ネオヘアー製品は日々同じ工場で作られています。
専用ラインを長年同じ担当者が管理しています。
私たちスタッフも頻繁に打ち合わせを繰り返し、皆様からのご意見を反映させ、
独自のノウハウを日々発展させています。

良い製品をお探しの方は、是非お問い合わせ下さい。
またネットで情報をお探しの場合は、掲示板は避けた方が無難です。
かなり巧みに誘導する技術を持ったデマ書き込みが横行しています。

(擁護の書き込みをしていただくのは嬉しいのですが、
気分を害される可能性があります。十分にご注意下さい)

今日もスタッフ一同、皆様からのご利用を心よりお待ち致しております。

<>