かつらの原価

ネオヘアーです。
今日は「かつらの原価」の話です。

現代のかつらはほぼ例外なく、海外の物価の安い地域で作られています。
物価が日本に比べ7~8分の1であり、非常に安く製造出来るからです。
日本で50万で売られるかつらも同じ地域で安く作られていますが、
ではどうして、それが日本で売られる段階で50万になってしまうのでしょう。

50万という価格について、仮に利益率を50%と仮定しても、
仕入れ値は25万ですので、中国などで25万かけて作られていることになれば、
物価の比で換算すると、現地では約7~8倍の175~200万に相当します。

「そんな馬鹿な」とお気づきであれば、もっと原価は低いことがわかりますね。
つまりこの場合、利益率は明らかに50%以上ある訳です。
あるいは限りなく100%に近いかもしれません(だとすればとんでもない暴利です)。

一方、かつらが50万円というのが一般的だった時代にも、
15~30万円くらいのメーカーは無数にありました。
では品質はどうかというと、安いメーカーが悪い場合ばかりでなく、
高いメーカーでも悪かったり、安いメーカーが逆に良かったりもします。
不思議な話ですが、みなさんもご経験がおありのことと思います。

先日、とある15~20万くらいのメーカーさんの製品を見る機会がありましたが、
「このレベルなら1万で売ることが出来る」というのが私の感想でした。
(オーダーメイド・人毛を謳っている製品でも、です)
原価プラス経費を含め1万円程度で販売出来る製品が、15~20万で売られています。
どれくらい利益があるか、ご想像戴けますでしょうか。

どうしてこういうことが起こるかと言えば、それは価格をメーカーが決めているからです。
価格だけではありません。原価もメーカーが決めています
つまりどれくらいコストをかけ、どのレベルの製品に仕上げるか、
それをいくらで売るかという設定を、メーカーが選定して決めているから
です。

ネオヘアーでは、部分タイプ・29,800円からとなっています。
決して1万円では販売出来ません。現在の価格がギリギリ精一杯です。
品質を犠牲にしながら原価を抑えた製品を作り、
それをいくらで売るかという発想なら誰にでも出来ますが、
逆に工場のランクを上げたり、素材のレベルをとことんまで突き詰めれば、
製品の原価はどんどん跳ね上がっていきます。
更に必要なこととして、検品の体制、納期管理も重要ですが、
最低限必要な経費なそこまでで、それ以上の暴利を設定する必要はありません。

今求められていることは、
1/最高品質の製品を作り、
2/不要な経費は削減し、
3/出来るだけ原価に近い状態で販売する
ことだけだと思うからです。駅からすぐ側に店舗を構えたり、
大袈裟な接客をすることこそ不要だと考えています。

かつらで多額のローンを組まされ、生活が圧迫されてはいませんか。
あるいはかつらが傷んでも、あまりの高額さに交換出来ずに困っていませんか。
「安かろう悪かろう」ではないかつらが、ネオヘアーなら作れます。

リピート割引について

ネオヘアーです。
リピート割引について書きます。

半年以内のご購入で、製品代は10%オフとなります。
・部分タイプ<小> 39800円 → 35820円(3980円割引)
・部分タイプ<大> 49800円 → 44820円(4980円割引)
・全頭タイプ    59800円 → 53820円(5980円割引)
(※いずれもオプションは含まず)

リピート期間を逃してしまった場合も、次回以降で割引可能です。
また2枚同時ご購入の場合、1枚目は定価ですが、
2枚目はリピート期間内となりますので、割引の扱いになります。

「良い物を安く」手に入れて戴ければと思います。
皆様からのご利用をお待ちしております。

かつらの原価

ネオヘアーです。
今日は「かつらの原価」の話です。

現代のかつらはほぼ例外なく、海外の物価の安い地域で作られています。
物価が日本に比べ7~8分の1であり、非常に安く製造出来るからです。
日本で50万で売られるかつらも同じ地域で安く作られていますが、
ではどうして、それが日本で売られる段階で50万になってしまうのでしょう。

50万という価格について、仮に利益率を50%と仮定しても、
仕入れ値は25万ですので、中国などで25万かけて作られていることになれば、
物価の比で換算すると、現地では約7~8倍の175~200万に相当します。

「そんな馬鹿な」とお気づきであれば、もっと原価は低いことがわかりますね。
つまりこの場合、利益率は明らかに50%以上ある訳です。
あるいは限りなく100%に近いかもしれません(だとすればとんでもない暴利です)。

一方、かつらが50万円というのが一般的だった時代にも、
15~30万円くらいのメーカーは無数にありました。
では品質はどうかというと、安いメーカーが悪い場合ばかりでなく、
高いメーカーでも悪かったり、安いメーカーが逆に良かったりもします。
不思議な話ですが、みなさんもご経験がおありのことと思います。

先日、とある15~20万くらいのメーカーさんの製品を見る機会がありましたが、
「このレベルなら1万で売ることが出来る」というのが私の感想でした。
(オーダーメイド・人毛を謳っている製品でも、です)
原価プラス経費を含め1万円程度で販売出来る製品が、15~20万で売られています。
どれくらい利益があるか、ご想像戴けますでしょうか。

どうしてこういうことが起こるかと言えば、それは価格をメーカーが決めているからです。
価格だけではありません。原価もメーカーが決めています
つまりどれくらいコストをかけ、どのレベルの製品に仕上げるか、
それをいくらで売るかという設定を、メーカーが選定して決めているから
です。

ネオヘアーでは、部分タイプ・29,800円からとなっています。
決して1万円では販売出来ません。現在の価格がギリギリ精一杯です。
品質を犠牲にしながら原価を抑えた製品を作り、
それをいくらで売るかという発想なら誰にでも出来ますが、
逆に工場のランクを上げたり、素材のレベルをとことんまで突き詰めれば、
製品の原価はどんどん跳ね上がっていきます。
更に必要なこととして、検品の体制、納期管理も重要ですが、
最低限必要な経費なそこまでで、それ以上の暴利を設定する必要はありません。

今求められていることは、
1/最高品質の製品を作り、
2/不要な経費は削減し、
3/出来るだけ原価に近い状態で販売する
ことだけだと思うからです。駅からすぐ側に店舗を構えたり、
大袈裟な接客をすることこそ不要だと考えています。

かつらで多額のローンを組まされ、生活が圧迫されてはいませんか。
あるいはかつらが傷んでも、あまりの高額さに交換出来ずに困っていませんか。
「安かろう悪かろう」ではないかつらが、ネオヘアーなら作れます。

リピート割引について

ネオヘアーです。
リピート割引について書きます。

半年以内のご購入で、製品代は10%オフとなります。
・部分タイプ<小> 39800円 → 35820円(3980円割引)
・部分タイプ<大> 49800円 → 44820円(4980円割引)
・全頭タイプ    59800円 → 53820円(5980円割引)
(※いずれもオプションは含まず)

リピート期間を逃してしまった場合も、次回以降で割引可能です。
また2枚同時ご購入の場合、1枚目は定価ですが、
2枚目はリピート期間内となりますので、割引の扱いになります。

「良い物を安く」手に入れて戴ければと思います。
皆様からのご利用をお待ちしております。

レースの色について

ネオヘアーです。
レースの色についてお問い合わせが続きましたので、少し説明します。

日本人の頭皮はほとんどの場合「肌色」ではなく、「白く透明」なニュアンスを持ちます。
例外として強く日焼けをしている頭皮もありますが、普通に髪がある場合は、
なかなかそこまで焼けるケースは少なく、髪に覆われているために、
頭皮はほとんど白く透明のままである場合がほとんどです。
(非焼け跡の水着のラインなどに見られるように、日本人の頭皮は非常に白く、
かつ透明感があります)

レースの色も同じで、あまり色の付いていないものが好まれています。
日本人の頭皮はとくに若干「青みがかっているくらいの白さ」がありますので、
レースは出来るだけ透明感のある状態で製作し、
頭皮に重なった時にレースが主張をしないよう色を調合しています。

「白く透明感があり、かすかに青みがかった頭皮」は、
多くの日本人の健康な頭皮と同じですので、非常に自然です。

電車に乗られた際や街中で、是非、他人の頭をよく観察してみて下さい。
思ったより肌色ではないことが、よくお解り戴けると思います。

下の画像は、若干茶色いレース製品と、透明なレース製品です。
さて、どちらがネオヘアーの製品でしょうか?

(答:製品Bがネオヘアー製品です)

リピート割引について

ネオヘアーです。
リピート割引について書きます。

半年以内のご購入で、製品代は10%オフとなります。
・部分タイプ<小> 39800円 → 35820円(3980円割引)
・部分タイプ<大> 49800円 → 44820円(4980円割引)
・全頭タイプ    59800円 → 53820円(5980円割引)
(※いずれもオプションは含まず)

リピート期間を逃してしまった場合も、次回以降で割引可能です。
また2枚同時ご購入の場合、1枚目は定価ですが、
2枚目はリピート期間内となりますので、割引の扱いになります。

「良い物を安く」手に入れて戴ければと思います。
皆様からのご利用をお待ちしております。

2月を含む納期スケジュールについて

ネオヘアーです。

何度かお知らせしておりますが、
2月中旬に、工場のある中国地域の旧正月連休があります。
2月11日~21日まで工場が稼働しませんので、
この時期を含むご注文は、納期が約10日遅延します。

ご注文の際には、通常納期より約10日遅延する点をご考慮下さい。
何卒よろしくお願い申し上げます。
(※ラッシュオーダーで約7日短縮出来ますが、
旧正月が挟まりますので、差し引きすると通常より数日遅れとなります)

家電と比較すると

ネオヘアーです。

家電の話ですが、下記URLをご覧下さい。
(>>>こちらから)

東芝のREGZA、台数限定ですが40インチで88,800円だそうです。
かつらが10万も20万もするのは、どうしたっておかしいですね。

家電は物価の違う諸国で作られています。
価格競争が激しく、コストを抑えるためです。
世界中のかつらも同じように、物価の違う諸国で作られています。
ですから、40インチの液晶テレビより高い筈がありません。

ネオヘアーは、安物を売っているわけではありません。
物価の違いが、あらゆる価格を下げています。それが現実です。

頭のカーブに沿ったレース加工

ネオヘアーです。
好評につき、第二弾です。

下の画像はお客様からお預かりしたレース構造の部分タイプの裏側ですが、

base01.jpg

さて、どちらがネオヘアーの製品でしょうか?
(※他社製品との比較は当然問題がありますが、
該当のメーカーは今年の途中で販売終了となり現存していませんので、
何卒ご理解の程お願い申し上げます)

base02.jpg

よくご覧戴くと、製品Aはレースとスキン素材の境で
レースが何カ所か織り込まれています。製品Bは織り込まれていません。

拡大します。

base03.jpg

これは頭のカーブを再現しようとしてレースを詰めた状態で、
織り込むことでカーブ(=弧)を作っていますが、
その場合、織り込んだ部分は硬くなり、角も出来ます。
また毛流も乱れがちになります。

それでは精巧さが損なわれてしまうため、
ネオヘアー製品ではレースを詰めるのではなく、
頭のカーブに沿った形状にレースを加工しています。
よくご覧下さい。

base04.jpg

ということで、正解は「製品B」でした。
ネオヘアー製品をどうぞ、じっくりとご覧下さい。

002.jpg

生えているように植える

ネオヘアーです。
今日はお客様のご厚意で、製品をお借りし撮影をしました。

さて、どちらがネオヘアーの製品でしょうか?

001.jpg

この画像の製品、一つはネオヘアーのもので、
もう一つは他社製品です(どちらもほぼ新品の状態)。
(※他社製品との比較は当然問題がありますが、
該当のメーカーは今年の途中で販売終了となり現存していませんので、
何卒ご理解の程お願い申し上げます)

植え方の作り込みの違いが、とてもわかりやすいと思います。
生えているように植えると、製品がここまで違ってきます。
結ぶ際の髪とレース角度、髪の向きも肝心ですが、
髪質やレースの質も全く別物になっています。

そして、拡大です。
ネオヘアー製品をどうぞ、じっくりとご覧下さい。

002.jpg